« ねんきん特別便 | トップページ | 新ジンジャー・エールと缶うどん »

2009/07/30

肛門嚢破裂@ビビ

2~3日前にビビの寝ているマットの上に血が付いていた。
自分で舐めてるところを見かけたので、ウェットティシュで拭いてみると
ピンク色のゼリー状の物が付きました。
食欲もなく、動かずに寝てばかりでいよいよかと獣医さんに相談。
「排便時に切れたのか肛門嚢かな?」と言われ、眼軟膏を塗って様子見。
その晩から動き出し、ゴハンも食べたのだけど
薬を塗る為ひょっとしっぽを上げてお尻を見てビックリ!
肛門の横の毛の中からピンク色の傷が…
犬の本は沢山あるのに、たった1冊の猫の飼育本が見つからず
ネットで調べてみたら、猫の肛門嚢破裂はそれほど稀じゃないらしい。

翌朝にはかさぶたのように硬くなっていたけど、病院行き~
消毒してもらい、抗生物質と傷口の再生用の軟膏が出されました。
悪いものが出るまでが痛くて、出てしまえばすぐ良くなるそうな。
「これでは死なないから~」
丈夫だった子だけに、猫の病気についてあまりにも知らなかったことを反省…
猫にも肛門嚢あるなんて思わなかったもん。
しばらく食べてなかったのでまだうんP出てないけど、痛くないのかなぁ…

|
|

« ねんきん特別便 | トップページ | 新ジンジャー・エールと缶うどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89011/45785327

この記事へのトラックバック一覧です: 肛門嚢破裂@ビビ:

« ねんきん特別便 | トップページ | 新ジンジャー・エールと缶うどん »